TOKIOの山口達也氏の強制わいせつ事件について。結城美帆子

彼は、理想と現実のギャップに苦しんでいたのではないでしょうか?「こうあらねばならない」と言う理想に苦しんでいたのではないでしょうか?それがお酒に逃げた原因なのでは?芸能人だってただの男でしょ、エッチなこともするでしょうし、人間だもの当たり前でしょう。ただ、夜、お酒を飲んで女子高生を自宅に呼び出したのはどうかと思うけど、行った女子高生もどうかと思います。親のしつけもいかがなものかと思います。私が女子高生の親だったら、行かせません。夜の8時って言ったら勉強している時間ですよ、夜遊びの時間なのでしょうか?一番反省すべきは、女子高生の親ではないでしょうか?山口達也氏のような方には、医者による治療ではなく、精神分析を受けると良いと思います。自分自身を受け入れることが出来れば、苦しみから解放されるでしょう。医者が行う薬物療法や心理士によるカウンセリングで何とかなることではないと思います。根本的に変わらないと難しいでしょう。人間が変わるという事は大変なことですが、とても大変ではありますが、精神分析は人間が変わることを可能にしてくれます。精神分析は、時間も費用もかかりますが、得られるものも大きいです。医者が行う認知行動療法や薬物療法では結果が良くないことは、雅子妃殿下を観れば一目瞭然ではないでしょうか?皇后陛下になられる人が、精神科医の治療を受け続けていても良いのでしょうか?精神科の治療を受けている人は、精神科医のマインドコントロールを受けやすくなります。そんな方が日本国の皇后陛下になられるのです。