プロフィール

結城美帆子(Mihoko Yuuki)

IMG_1846 公立高校の音楽科卒業。奨学金を得て音大で学んだ後、ピアノの指導者となり、現在ではその指導歴は30年を超える。音楽の他に、心理学やラカンの精神分析を学び、自ら10年以上精神分析を受けており(ラカン派の精神分析家は自ら精神分析を受けることを必須とされております)、心理学や精神分析を活かしたレッスンをしております。日本ピアノ指導者協会指導会員、日本ピアノ指導者協会日比谷夢ステーション会員、NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会理事、NPO 法人日本障害者音楽連盟理事、オリーバメディカルクラブ会員、東京精神分析サークル(ラカン派)会員。おもに、丸山徳子(故人)、茨城県立水戸第三高等学校音楽科教諭であった秋山千賀子(故人)、東京音楽大学教授であった東敦子(故人)、イタリアのミラノ音楽院教授であったロゼッタ・エリー(故人)、各諸氏に師事。

【指導実績】アスペルガー型の軽度自閉症、カナー型の重度自閉症、ADHD、緘黙症、学習障害など。ピティナピアノコンペティションに参加して、地区予選通過をした生徒もおります。