インフルエンザワクチン

今のところ、インフルエンザワクチンの予約が取りづらくなっているようですね。

ワクチ接種の料金も4,000円〜6,600円と幅があるようです。

ワクチンの原価は同じはずなのに、なぜ料金に違いがあるのでしょうね。

医師が打つか看護師が打つかによって料金の違いがあるかもしれませんね。

新型コロナワクチン接種は、国から支払われる金額が医師と看護師では違いましたから、インフルエンザも医師と看護師で差をつけたのかもしれませんね。

そもそも、なぜワクチンを打つのでしょうか?

私は、新型コロナワクチンは、みんなを守る為に打ちました。

インフルエンザワクチンは、自費で打ちますが、インフルエンザに罹患して生徒さんに迷惑をかけない為に打っております。

お医者様や国は、国民にインフルエンザワクチンを打って欲しいのでしょうか?

医療を守る為に国民にインフルエンザワクチンを打って欲しいと思うのであれば、ワクチンでそんなに儲けなくても良いのでは無いでしょうか?

飲み薬も注射液も、原価はすごく安いのに、皮下注射はさほど技術も難しく無いのに、高すぎるのでは無いでしょうか?

同じ品物であれば、なるべく安い方が良いと思います。

最近はわかりませんが、つくば市の多くの医療機関が4,000円でインフルエンザワクチンを打っていた時、生徒さんの親御さんが「〇〇クリニックは2,000円で打ってくれました」と教えて頂いたので、私も〇〇クリニックで打っていただいたことがありました。

技術料と言われるのであれば、採血や静脈注射で失敗したら安くして欲しいですね。

新型コロナでお医者様方は相当収入が増えたのではないでしょうか?

私の教室に、食いっぱくれない職業だと思ったから医者になったと言う生徒さんがおりましたが、その通りかもしれませんね。

職業は医師を目指して、クオリティの高い趣味としてピアノを習うのが一番良いかもしれませんね。

ピティナピアノコンペティショングランミューズ部門に参加される方のご職業は、お医者が多いと聞きました。

ショパン国際ピアノコンクール

反田恭平さんが2位になりました。

小林さんは4位でした。

内田光子さんが1970年に2位になっております。

頑張っている人たちの姿は美しいです。

つくば市のノバホールで反田恭平さんの演奏を聴いたことがありますが、あの時も素晴らしい演奏でした。

今は、もっと素晴らしい演奏になっていることと思います。

自分にとって価値のある目標を設定して、目標に向かって頑張れる人に育って欲しいと思います。

自分の人生は、自分で切り開いて進んでいくものです。

すぐに「できない」とか「自分はダメだ」とか言う子供がおりますが、悲しくなります。

不平不満ばかり言う人がおりますが、悲しくなります。

頑張れる人の土台は、幼少期に親が作ってあげないとできません。

私は、子供にコンクールをおすすめする時、親御さんのパーソナリティを見極めるようにしております。

親御さんが、最後まで頑張れるパーソナリティの方でないと、子供も最後まで頑張れないです。

親御さんが、子供が結果が出せなかったら可哀想と思っている場合は、親御さんは子供を信じていないと言うことなので、子供は自分を信じることができず自己肯定感が低い傾向にあります。

子供が「自分は大丈夫」と自分自身を信じることができるためには、まずは、親に信じてもらえることなのです。

もし、我が子が自己肯定感が低いと思われる場合は、自分は子供を信じているかどうかを考えてみると良いと思います。

まずは、我が子を100%信じましょう。