年長さん自閉症スペクトラムの女の子のピアノのレッスン。結城美帆子

子供の成長は、すごいです。

このお子さんは知的障害は含んでいないと思われるのですが、譜読みもリズム打ちも良くできます。

おそらく特別支援クラスに通われるのではないかと思いますが、「ピアノが得意」と言えるように育ってくれるといいなと思います。

一つでも他の人より優れたものがあると、それが自信になりますからね。

自閉症の子供にピアノを教えていて気になる事。結城美帆子

私は、これまで約30年間にわたり自閉スペクトラム症やダウン症など多くの障害者にピアノを教えて参りました。

そんな中、最近思った事なのですが、障害者の多くの生徒さんは、小学2年3年生くらいから体型が小太りでずんぐりむっくりになっているように思うのです。

自閉スペクトラム症の人は、偏食があるとも言われているためかとも思いますが、栄養の偏りがないようにしてあげる事も必要なのではないかと思います。

自閉症スペクトラム年長さんへの精神分析的アプローチによるピアノのレッスン。結城美帆子

知的障害は無いと思われますが、明らかに自閉症と思われる生徒さんです。

幼児は、30分レッスンをしているのですが、30分しゃべり続けているので、けっこう疲れます。

音符は良く読めるのですが、まだ意味の世界に入れないように思います。

レッスンが軌道に乗るまでは、もう少しかかるかなと思います。

自閉症スペクトラムの生徒をレッスンする時は、生徒の状態から生徒の頭の中を絶えず想像しながらレッスンを進める必要があるので、神経がすごく疲れます。

でも、自閉症スペクトラムの人に精神分析的アプローチによるピアノのレッスンをしているのは、日本で私一人だけなので、私の体力が続く限りは頑張ろうと思います。

自閉症スペクトラム小学2年生のピアノのレッスン。結城美帆子

知的障害を伴っている男の子です。

自分で楽譜を認知して弾くという感じではないように思いますが、指を動かすことにより脳を刺激して機能訓練になっているように思います。

音楽を楽しむまでには、まだまだ時間がかかると思いますが、指を動かすことはできるようになっております。

ピアノは、結局のところ脳で弾くので、脳が発達しないとピアノのレベルも進まないかもしれませんね。

先日、細田美智子会長と電話で話しましたが、彼らにとってピアノは機能訓練の一部なのかもしれませんね。

だとすれば、作業療法よりもピアノのレッスンのほうが効果があると思います。

なぜなら、先月のコンサートで他者の演奏を決められた席に座って2時間席を立たずに座って入られたのですから。

立派なものだと思いませんか?

親が隣についていたわけでもないのです。

発達障害者の学校の選び方。結城美帆子

自閉症スペクトラム、ADHD、LD、広汎性発達障害、アスペルガー型発達障害、カナー型発達障害など、発達障害の子供は、就学の時に特別支援クラスか特別支援学校のどちらかを選ばれる方が多いと思います。

親が自由に選ぶ権利があると思いますが、一応文科省の基準があるように思います。

一般の学校と特別支援学校では、教育の目的が違うと思います。

目的が違えば、当然のことながら目標も違います。

親は自分の子供の将来の幸せを考えて選ぶことが大切ではないかと思います。

生きていくというのは、楽しいことだけではないと思います。

学校は、生きていくために必要なことを学ぶところだと思います。

自分の子供は、生きていく為に必要なことを学ぶことができるのはどちらの学校が良いかを考えて選ぶと良いと思います。

社会で生きていくために読み書きができることも必要かもしれませんが、一番重要なことはルールを守ることではないかと思います。

発達障害者のピアノレッスンについて。結城美帆子

時々、大人の発達障害者が親につてられて体験レッスンにお越しになられる場合が有りますが、10歳までにレッスンを始められることをおすすめ致します。

大人になってからピアノのレッスンを始めても、私が発達障害者にピアノを教えている目的の発達障害の予防改善ができないからです。

生涯ピアノを続けていく為にも5歳〜遅くても10歳までにレッスンを始められることをおすすめ致します。

自閉症スペクトラム女の子のピアノのレッスン。結城美帆子

今日のレッスンで、初めてレガートで弾くことができました。

このお子さんは、たぶんアスペルガー型の自閉症ではないかと思います。

音符の読み書きは良くできます。

もう少しで軌道に乗れるのではないかと思います。

軌道に乗れれば、健常のお子さんと変わりなく上達していけると思います。