発達障害が疑われる場合。結城美帆子

お子様の様子を見ていて発達障害かもしれないと思われた場合は、早めに専門の医療機関に相談されることをお勧めいたします。

早めの対応が、将来、お子様の幸せにつながります。

発達障害のお子様に、一般的な子育ては困難です。

発達障害のお子様に合った子育てをされたほうが、お子様にとっても良いですし、親御さんの精神衛生上も良いです。

ピアノ教室では、発達障害の検査はできませんので、診断を受けられた方に限りレッスンをさせて頂いております。

障害があるお子様を育てていらっしゃる親御さんへ。結城美帆子

お子様の能力を見極めて、お子様が生きていく上で必要なことが学べる環境を整えてあげて欲しいと思います。

無い物ねだりは、お子様の為にならないと思います。

障害を受け入れましょう。

その上で、お子様の幸せの為に、どうすれば良いかを考えてあげて欲しいと思います。

お子様は、あなたを選んで生まれてきたのです。

自閉スペクトラム症という診断。結城美帆子

医師の仕事は、まずは診断をすること。

次に、治療をすること。

しかし、自閉スペクトラム症は、根本的な治療法がない。

治療法がないから、診断に対しても責任がないような気がする。

医師にお願いしたい、何ができて何ができるようにならないのか、具体的なことを教えてあげて欲しい。

親は、子供の幸せを一番に考えて欲しい。

精神分析的アプローチによる自閉症児へのピアノのレッスン。結城美帆子

当方では、ピアノが弾けるようになるレッスンをしております。

機能訓練を目的とした音楽療法的なレッスンはしておりません。

自閉症児でも、健常者と同じように、音符が読めるようになり、楽譜を理解し、楽譜を見ながら弾けるようになるレッスンをしております。

重度の知的障害を伴う方のレッスンは、お引き受けできませんので、ご了承ください。

ある程度、数字とひらがなカタカナの読み書きができれば、レッスンは可能です。

精神分析的アプローチによる自閉症児へのピアノのレッスン。結城美帆子

4月から新型コロナウイルス感染予防対策として、生徒さんのみでレッスン室にお入り頂きレッスンをしておりますが、私が何も言わないでいると教則本も出さずにいる生徒さんがほとんどです。

これまで、いかに親が手をかけ過ぎていたかがよくわかります。

親御さんは、子供に良かれと思ってしているのでしょうが、他者からみていると、子供の為にならないことをしている親御さんが多いです。

自閉症のお子さんは、主体を出せない状態でいるのでとにかく主体を引き出し自由にしてやることから始めなければなりません。

その為には、親は手を出さないほうが良いのです。

親が手を出しているうちは子供は親がやってくれるのを待ちますから、主体的なレッスンは遠のくばかりです。

レッスン室に親がいなければ、私は何もしませんから、子供たちは自分でやるしかないので、自分で教則本を出し、レッスンが終われば一人で教則本レッスンバックにお片づけもします。

子供たちは、やればできるのです。

親は、見守っていれば良いのです。

精神分析的アプローチによる自閉症児へのピアノのレッスン。結城美帆子

私が最初に行うことは、子供の目の動きを観察します。

一般的な3歳児はキャッチボールができますが、発達に問題がある3歳児はできませんので、ある程度見極めができます。

次に、色がわかるかどうかを観察します。

次に、形が認識できるかどうかを観察します。

そして、簡単な心理検査をさせて頂き、どのようなレッスンが可能か指導案を作成し、保護者の方のご賛同が頂けましたレッスンに入ります。

一般的なお子さんの場合は、全てクリアできるので、2回目のレッスンから音符の指導に入れますが、発達に問題があるお子さんの場合は、ほとんどができないので、まずは、発達障害の改善を目的とした脳のトレーニングから始動します。

3ヶ月程度で、音符を読む準備ができるようです。