3月18日に早稲田大学で第7回東京精神分析サークルのコロックがあります。結城美帆子

自閉症スペクトラムについて深く勉強したいと思うので、参加する予定ですなので、コンペティションが始まったばかりで申し訳ないのですが、18日はレッスンをお休みにさせて頂きます。自閉症スペクトラムについての色々な勉強会に参加して学んでおりますが、スペクトラムになってから、色々な症状の生徒が来るようになり、少々キャパを超えております。私は、障がいがある人に対しても、ピアノが弾けるように一生懸命に教えているのですが、高等科卒業と同時に施設に入所するのでやめますと言う方がほとんどなので、指導意欲が低下しております。私が障がいがある人にもピアノを教えている理由は、障がいがあっても施設に入所するのではなく、支援を受けながらでも自立して自分の人生を謳歌して欲しいと願うからです。でも、施設に入所させてしまう親がほとんどなのです。障がい者にピアノを教えるのは大変です。障がい者の子供を育てるのは大変なことだと思います。でも、障がい者を施設にまとめれば良いのでしょうか?色々な人がいるのが社会なのではないでしょうか?