障害があってもピアノは弾けます。結城美帆子

障害があってもピアノは弾けます。

障害があってもピアノを楽しむことができます。

障害がを持つと言うことは、必ず他人の世話にならなければなりません。

でも、障害があっても、世話になる以上に、社会のために貢献することが出来ると思います。

誰かの役に立ちたいと思うのは、人間の本能のようなものではなかと思います。