自閉症児へのピアノのレッスンで心がけている事。結城美帆子

自閉症児の特徴は、相手を見て判断する事が多いようなので、譜読みをする時もピアノを弾く時も、指導者の私は精神分析にように彼らの視界に入らないところにいて、応答しないようにしております。自分で考えて自分の口で自分の考えを言えるようにしております。指導者が喋らない事で自閉症児の不安が強い時には、自閉症児が言った言葉をおうむ返しにしたりします。以上のような操作をすると、自分のやっている事に自信が持てるようになってくるようで、私に確認を求めなくなってきます。自閉症児へのピアノのレッスンで、教え込もうとすると、自閉症児はますます自閉的になってしまうようです。