自閉症児の脳を伸ばす褒め方。結城美帆子

①途中で褒める……「宿題、もう半分できたね。」とか、当たり前のことでも好ましい行動ができたら、その場ですぐに褒めましょう。褒めることで、脳のエンジンが加速します。

②事実を褒める……「すごい」「えらいね」とか抽象的な言葉より、「ちゃんと歯を磨けたね」「ピアノの練習ちゃんと約束守れたね」など、具体的な行動や考えなどの事実を褒めましょう。褒めることは、自己客観力が未熟な子供にとって自分の『脳の鏡』のようなものです。褒められたことで「そっか、僕は約束が守れたんだ」と言う前向きな認識が芽生え、次の脳の働きをスムーズに引き起こすきっかけになります。

③語尾を明るめのトーンにする