自閉スペクトラム症のお子様のピアノレッスン

知的障害を伴う自閉スペクトラム症で、特別支援学校に通う小学4年生男の子です。

知的障害があるので、五線譜の認識は困難ですが、ひらがな譜は理解できるように思われるので、ひらがな譜でレッスンを行っております。

集中力を育むことを目的に、一曲につき50回続けて弾けるように導いております。

自閉スペクトラム症は、治るものではないようですが、指導の仕方によっては、自閉スペクトラム症でも楽譜を読み自らピアノを弾き楽しむことができます。

ピアノが弾けることで、ピアノ仲間ができ、孤独に陥ることなく社会とつながって生きていくことができます。

ピアノパラリンピック全国大会は、一年に一度ですが、交流の場になっております。