脳梗塞を患った母の介護。結城美帆子

感情の浮き沈みがあり、昨日は、デイサービスから帰ってくるなり「お金がかかるからもう行かない」と申しました。「お金も無いし、体も動かないし、歩けないし、何にもできない、生きていてもしょうがない、死にたいよ」と申しました。母は、デイサービスは、遊びに行くところと認識しているようです。人にやってもらうだけの生活は辛いと思います。母には、現実を受け入れ、日々穏やかな気持ちで過ごせるように寄り添って行きたいと思います。