脳梗塞で入院中の母のリハビリを見学して。結城美帆子

リハビリは、誰のために、なんの目的で行うものなのでしょうか?母のリハビリを見学して、母は字を読まされたり書かされたり、歩かされたり、立たされたりしてましたが、母自身がリハビリを望んでいるようにも思えませんでしたし、母自身はリハビリの意味もわかっていないようにも思えました。精神分析の観点から考えるならば、まずは、本人、母自身がリハビリの必要性を自覚して、主体的にリハビリをするようにしないとリハビリの効果は得られないように思えました。母は、色々なところへ連れて行かれて、痛いことをされて、実験材料にされている、とも言っております。本心のように思います。また、オムツがすごく嫌なようで、目につくところにオムツがあるのですが、私が面会に行くたびに、「オムツは、まだ大丈夫だから家に持って帰って」と言います。実際は、トイレに行けますが、看護の都合上でしょうかオムツをあてられております。