脳の発達を考えるのであれば

お子様の脳の発達を促したいのであれば、週に一度ピアノ教室に通うだけではダメです。

脳は、2歳半で最初の臨界期を迎えると言われておりますので、2歳半までは、全身を使った遊びを親子ですることです。

全身を使うことで刺激を受け、脳が発達するようです。

ボール遊びをすることで、目で物を追うことを学べます。

山なりのボールをキャッチできない子供は、ピアノの楽譜を目で追うことができないように思います。

人間の子供だけでなく、犬を訓練する時も、犬に目でボールを追わせることから始めます。

アイコンタクトと言われ、コミュニケーションの始めですが、自閉症の子供は、コミュニケーション能力に問題があることもあり、他者と目を合わせませんので、まずは、山なりのボールのキャッチが難しいですし、楽譜を追っていくことも最初は難しいのが特徴の一つです。

30年自閉症者にピアノを教えてきた経験から、山なりのボールがキャッチできるようになると、楽譜を追うこともできるようになるように思います。

自閉症の子供の脳の発達のために良いことは、ボール遊びや、折り紙など手を使う遊びが効果的のように思います。

ピアノは、手を使いますし、目もつかしますし、全身を使うので、脳を刺激して活性化させるので良いと言われるのではないかと思います。

実際、私が教えている自閉スペクトラム症の子供たちはWISCの検査結果の数値が上がっており、知能指数においては100に近い数値になっている生徒がほとんどです。