精神分析観点から「人間が生きる欲望を考える」結城美帆子

健康で長生きをしている人たちは皆欲が深い人のような気がします。色々な欲があると思いますが。尼さんで作家の瀬戸内寂聴さんや、政治家の中曽根康弘氏、声楽家の栗本尊子先生、脚本家の橋田壽賀子さん、お亡くなりになられましたが医師の日野原重明氏、などなど、欲がとても強い方々のように思います。口には出さねど「長生きしたい」とも思っていらっしゃるのではないでしょうか?私の母は、祖母が亡くなった年齢を過ぎた途端20年再発しなかった脳梗塞が再発しました。想像ですが、母の気持ちのどこかで、「自分の母親の年齢までは頑張って生きよう」と、思っていたのではないかと思います。それが母の大きな欲望だったのではないかと思うのです。自分の親と一緒がいいから、それとも娘ともう少し一緒に暮らしたいと望んでいるか、母親の命の長さは母親の欲望により決まるでしょう。もちろん無意識の欲望ですが。人間が生きて行く上で、欲望を持つという事は非常に大切な事なのです。