精神分析経験者の母親の介護日記。結城美帆子

認知機能は衰えていると思いますが、花瓶の花にマスクが掛かっていたり、アロマランプにズボンが掛かっていたり、面白いことをしますが、母にとっては何かしらの意味があるのだろうと思って見ております。食事も残す時があるので聞くと「食べきれない」と言いますが、嫌いなものを残しているようです。今の姿が元々の母の姿ではないかと思えるのです。人間て、こんなものなのではないでしょうか?親だからといって、立派なわけでもないでしょう。どんなに気をつけていても病気になる時はなるし。ただ、心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病が元になっているものは気をつけた方が良いと思いますが、人間てこんなものなのでしょう。

今日の朝のメニューは、豆乳にアマ二油・ご飯・みそ汁・小松菜と油揚げのお浸し・ポテトサラダ・さつま芋のオレンジ煮。小松菜と油揚げのお浸しは残しましたの嫌いだったのでしょう