精神分析家とは。結城美帆子

精神分析家とは、精神分析ができる人であって、けして良い人間とか、なんでもわかっている人とか、優しい人とかではない。精神分析家とは、自ら精神分析を経験し、良くも悪くも自らを理解し、精神分析を試すことができる人ではないかと思います。人を殺した人は、たとえ刑期を終えて刑務所から出てきて自由の身になったからと言って、精神分析家と名乗っている人もいるようですが、私は人を殺した経験がある人に一対一で会う勇気は無い。どんな理由があるにせよ、命を奪ってはいけない。絶対にいけない。精神分析家とは、良い事も悪い事も全てを受け入れられる人のことを言うのではないでしょうか。精神分析の作業によって、見たくない事も目られるようになり受け入れられるようになるのではないでしょうか。死をも受け入れられるようになるのが精神分析なのではないでしょうか。彼は、刑務所から出てきても、人を殺したと言う事実は消えることはないのです。私は、人を殺した人に精神分析を受ける人の気持ちが理解できません。医師免許は、剥奪されたのに、精神分析家は国家資格ではないので剥奪もありませんから、精神分析家と名乗り、患者をとり精神分析を試すことができるのです。精神分析を受けたい人は、よくよく精神分析家のことを調べて、自己責任において精神分析を受けなければならないのです。精神分析とは、そのようなものです。