精神分析への想い。結城美帆子

日本において、精神分析療法を臨床で実践できる人は、おそらく数年でいなくなると思います。

精神分析療法を臨床で実践している分析家は数名おりますが、社会的な地位は占い師と同じなのです。

医師や認定心理士の資格を持って精神分析療法を行っている人もおりますが、健康保険は使えませんので、精神分析療法を受けた為に自殺に追い込まれたり、病状が悪化しても、どこにも責任を問うことはできないのです。

精神分析は、自分の人生を生きる為に自分の責任において実践することなので、支援を受けている人が行うことではないのです。

ただ、精神分析の理論を治療にいかすことはできると思います。

私は、精神分析の理論を応用してピアノのレッスンをしております。