精神分析の効果とは。結城美帆子

精神分析の効果とは、最終的に、自分のことは自分の責任において自分で考え自分で判断し自分の力で生きていけるようになることではないかと思う。分析の最中は、分析家に依存的になっても、分析が終わりを告げるときには、分析家は依存の対象ではない。産まれたばかりの人間は、一人では生きていけないが、成長とともに依存していた親から離れ自立して生きていくようになる。精神分析とは、精神分析家を通して、人間が生きて行く上での成長と自立の過程ではなかろうかとも思う。精神分析家も同じ人間で、決して立派な人間とか偉い人間とかではない。精神分析家は、精神分析の理論をもとに精神分析と言う仕事をしているだけのことで、悩める子羊と同じ一人の人間なのです。