精神分析のおすすめ。結城美帆子

精神分析は、精神的な病を抱えている人だけを対象にしているわけではありません。自分の生き方を真剣に考えるとき、精神分析は有効です。保険で精神分析療法を行っている精神科の病院やクリニックがあるようですが、この方々は本当に精神分析をわかっているとは思えません。精神分析は、自分の責任において自分の強い意志で行うものです。保険は、互助会ですから、精神分析を受ける意味を考えたら、保険と言う発想は出てこないと思います。私は、自分の生き方も、仕事においても、精神分析をもとにしております。本当に精神分析と言うものをわかって精神分析を行っている人は少ないと思います。精神分析家が育つためには、10年以上かかるのです。精神分析家になるためには、10年から15年は自ら精神分析を受ける必要があるからです。精神分析家の向井先生もそんなにお若くはありません。後に続く人を育てなければ、精神分析は廃れてしまいます。私は、向井先生に出会う前に、高名な精神分析家と言われている方に数名お会いしましたが、どう言うわけか、私がお目にかかった人たちは、お目にかかって間もなくお亡くなりになられたり、バカな事件を起こして刑務所に入られてしまったり、資格を剥奪されたりと、みんなポシャッてしまい、私ってなんなのだろうと思って、もうダメかなと思っていた時に、向井先生に出会いました。向井先生も、死んでしまったらどうしようと思いましたが、私のせいではないだろうと言い聞かせて、お目にかかりました。本物でした。