精神分析とは、結城美帆子

母の成年後見をお願いをしようと思い弁護士の所へ行きました。どのような弁護士か知りたかったので、「判決は全て正しいですか」と聞いたら「裁判官も人間ですから」と言われました。この弁護士さんは20年裁判官をしていたとの事です。依頼を出来る弁護士ではないと思いました。精神分析とは、どれだけ変われるかだと向井先生は言ってました。もう弁護士に頼るのはやめようと思います。弁護士は好い人と言う妄想をそろそろ捨てなければと思います。自分で出来る事は自分でやろう。20年も裁判官をしてたら死刑判決も出したであろうに。私は、どんな人でも、人が人の命を奪うのは絶対にいけないと思っております。今までは、ことあるごとに弁護士に頼って来ましたが、人の命を奪った人とは、例え裁判官だった人でも近ずきたくはない。人間だから間違うこともあるから、間違って死刑判決を出すこともあるとでも言いたいのだろうか?弁護士が恐くなりました。