精神分析から考える母の教え。結城美帆子

母が身をもって教えてくれたこと、「世の中には、どんなに努力をしても自分の思い通りにならない事がある」と言う事、精神分析の言葉で言うならば『去勢』、私はこの年齢になって母から去勢を受けたのです。母の命をかけた娘への去勢でしょう。娘が一人の人間として自由に羽ばたいて生きていけるように、母の真実の愛を感じます。母親ってすごい。人間を産み出すのも命がけ、人間に育て上げるのも命がけ、母親ってすごいです。母の命をかけた去勢によって、『罪を憎んで、人を憎まず』ができるような気がします。