筑波大学附属病院の丸島愛樹医師に感謝致します。結城美帆子

色々な人がおりますが、どんな人にも感謝ができる人にいつかなりたいと思う。すべてを許せる大きな人にいつかなりたいと思う。人間は、なかなかイエスキリストのようにはなれない。でも、自分は間違ったことはしない人間とも言うこともできない。自分は正しい人間と言い切れる人は「すごいな」と思う。臨済宗の片山和尚に電話をした。私には、合わない人だなと思いました。神父様とも合わないと思いました。私は、自分をごまかすことが出来ないようです。神仏に逃げることは出来ないようです。徹底して追求しないとダメみたいです。だから、精神分析を受けることにしたのです。丸島愛樹先生は、患者を人間として診てくださるドクターです。おそらく、色々なご経験がおありになるのでしょう。人間は人間なのです。そのことを、よくおわかりになっているドクターのように思います。安心して治療を受けられるドクターです。今後のご活躍をお祈りしております。