私が発達障害の子供にピアノを教えている理由。結城美帆子

発達障害は、導き方によって改善でき社会の中で自立して生きていくことが可能だからです。

障害がある子供にピアノを教え始めてもうすぐ30年になります。

一番最初に教えた障害者は、精神薄弱で特別支援学校に通う小学2年生の男の子でした。

2人目は、ダウン症の男の子で、その後は自閉症スペクトラムの子供がほとんどです。

視覚障害や身体障害の子供も数名おりました。

私の指導の目的は、ピアノを好きになってもらう事と、ピアノのレッスンで生きる力を育てる事です。

ピアノで培った生きる力で、社会に出て自立して生きていける人間に育って欲しいと願ってピアノの指導をしております。

これまでの経験から、発達障害の方は、それが可能です。