社会のルールを守ることを教えましょう

ルールを守ることを教えれば、自傷(自殺)も他害も無くなる。

社会のルールを守らなければ、ペナルティーがあり、自由を奪われるということを教えましょう。

なぜ、ルールを守らなければならないのかを教えましょう。

神田沙也加の自殺はいけないことなのです。

自殺を美化してはいけない。

カトリックでは、自殺は大罪で、昔は葬儀を上げてもらうことは叶わず、当然ですが天国へは行けないという教えです。

今は、自殺は「心の病」と考えられる葬儀をあげてもらえるようですが、自分を殺すことも他者を殺すことも大罪で、聖体拝領は受けられません。

日本では、仇討ちや切腹ということが行われていたので、自死を美化してしまうかもしれませんが、今は忠義で仇討ちをしなければならないということはないのです。

自殺をされた神田沙也加の親御さんは、後片付けが大変だと思います。

悲しみに暮れることもできないと思います。

補償問題が出てくるのではないでしょうか?

転落事故死は、火葬するとわかりますが、全身複雑骨折です。

以前10代のアイドルが屋上から飛び降り自殺をしたことがあり、その後若い子の飛び降り自殺が増えたことがありました。

飛び降り自殺をする人は、靴を脱いで飛び降りているのですが、勝手な想像ですけど、鳥のように大空に向かって飛んで行きたいという願望なのでしょうか?

自分を消したいと願う人は、大阪の事件のように、焼身自殺を考えるかもしれませんね。

自傷(自殺)他害は、絶対いけないのです。

あなたに生きる力を与えてくれる人は、必ずいますから諦めずに探しましょう。