知的障害の生徒がピティナピアノステップに参加してがっかりした事。結城美帆子

特別支援学校に通う知的障害の生徒がピティナピアノステップに参加して、合格証を頂いたのですが、心から喜ぶ事ができません。指導者として私は励みになると思って参加を促しました。ステップは、SABCD判定でCまでが合格との事です。知的障害の生徒も健常の生徒もどちらもAで合格証を頂いたのです。知的障害の生徒はCかDの予想をしていたので、または時間オーバーで失格になるかも知れないと思っておりました。あまりにも甘い判定でしたので、同情をされているようで不愉快になりました。健常者は、ピティナピアノステップに参加しても、あまり意味がないように思いました。