知的に障がいがある生徒のピアノのレッスン。結城美帆子

人間の脳って不思議ですね。覚えることが出来ない人もいるのです。まだ何もわからない若い頃は、何度教えてもできない生徒がいると、努力が足りないから覚えられないのだろうと思っておりましたが、色々な生徒を教えているうちに、脳の障害と言う事が本当にあるとわかるようになりました。努力が出来ない人もいると言う事もわかりました。ないものを伸ばすことはできないので、できることを伸ばせば良いと思えるようになりました。昔は、できない生徒にも努力を無理強いしていた時もあり反省をしております。でも、不思議ですね。個性と言いますが、できないよりは、できた方が良いと思います。障害を持って生まれてきた方は、やはり大変だと思います。医学が進歩しているのですから、今の私の考えは、障がいがあるのがわかったらこの世に産み出すべきではないと思います。以前は、神の御心に従って中絶は反対でした。でも、たくさんの障害者を教えているうちに考えが変わりました。