発達障害児者に30年ピアノを教えて考えること

自閉スペクトラム症・ADHD・学習障害・チック症・吃音・過眠症などを発達障害と言われるようですが、特性は様々です。

ピアノは、脳をフル回転させないとうまく弾けませんので、脳を活性化させる習い事としては良いと思います。

集中することでADHDの改善は期待できます。

心が欠如している自閉スペクトラム症の人に、一輪の薔薇を美しいと思えるようにするのは無理ですから、心で感じ心を込めてピアノを弾くことを教えるのは難しいです。

30年の指導経験から、自閉スペクトラム症の人は、数学的に教えると理解しやすいように思います。

ピアノは、障害があっても弾けます。

ピアノは、本人が心から「ピアノが上手く弾けるようになりたい、コンクールで金賞を取りたい」と願えば、障害があっても弾けるようになりますし、上手く弾けるようになりますし、コンクールで金賞を取ることも可能です。

本人が望めば、夢は叶えられます。

本人が望むことが重要ではないかと思います。

障害者でも健常者でも同じです。

夢を持つこと、夢を叶える為に目標を設定し、目標を達成する方法を身につければ、夢を叶えることが可能です。

夢を持てるお子様に育てましょう。