発達障害の子供のワーキングメモリを伸ばす方法。結城美帆子

脳科学者の澤口俊之氏の著書を読むと、発達障害の子供のワーキングメモリを伸ばすには、ボール遊びが良いと書かれております。発達障害の子供は、ボールをキャッチすることが苦手なようです。ボールをキャッチする為には、想像力や空間認知能力が育つようです。また、二人で遊ぶことにより、コミュニケーション能力も向上させることが出来ます。日曜日、お父様とボール遊びをするのは、とても良いと思います。