発達障害について

発達障害の子供にピアノを教え始めて30年が経ちました。

最初に教えた発達障害の生徒さんは、土浦市にある特別支援学校の小学1年生でした。

知的障害を伴う自閉症のお子様でしたが、中等部卒業までレッスンにお越しになられ、ブルグミュラー25番が弾けるレベルになり、高等科は全寮制の学校に行くことになり、お辞めになられました。

自閉症は治ると言うことはありませんが、教え方により、楽譜を見ながらピアノを弾けるようになります。

一般的なお子様に比べるとスローではありますが、レッスンを継続すれば、ショパンやベートーヴェンを弾くことも可能性はゼロではありません。

ピアノパラリンピック全国大会では、多くの参加者がショパンを弾いております。

可能性は無限大です。

継続することが大切です。