発達障害という診断

世の中には、発達障害と診断をされていないけど、発達障害の人がおります。

私は、本人が生き辛さを感じていなければ、医療機関を受診する必要はないと思います。

子供の場合は、生き辛さなんてわからないと思うので、親が育て辛さを感じて、医療機関を受信するのではないかと思います。

発達障害の子供にピアノを教えて30年になりますが、子供は自分が発達障害だからと言って悩んでいるようには思えないのです。

大人の自閉症の生徒も教えてきましたけど、大人の自閉症の人も、自分が自閉症だからと言って悩んでいるようには思えないのです。

自分を中心に相手を観るから、「障害があって大変だろうなー」とか、「障害があって気の毒に」とか思うのではないでしょうか?

親が子育てに悩んで医療機関を受診し、発達障害と診断を受けた人は、社会的に大きな問題を起こすことはないと思うのですが、診断を受けていない発達障害の人が危ないかなーと思うのです。

大きな事件を起こしてから、あの人は発達障害だったと聞くことがありますが、私がお世話になっている弁護士先生とお話だと、発達障害は死刑判決が出るとのことです。

隠れ発達障害者を守ることは、社会の治安を守ることにつながります。

発達障害の一つ学習障害の子供は、線や文字の見え方と言いますか、見方が違うようなので、音符が読めるようになるのに時間を要します。

発達障害の一つADHDの子供に、「2時間ピアノを練習しなさい」と言っても無理なのです。

発達障害は、脳の障害で、発達障害を治す薬はないのです。

治す薬がないばかりではなく、専門家は色々なことを言ってますが、原因もわかっていないのです。

現在は、対処療法しかないのです。

本人が生き辛さを感じていなければ良いと思うのです。

発達障害でも、たくさん稼いで自立して生きている人もたくさんいます。

発達障害でも、ピアノは弾けます。

発達障害でも、ショパンでもベートーベンでも、リストでも、上級レベルの曲を弾けるようになります。

20年30年とピアノを継続している人のピアノパラリンピック全国大会で演奏される曲目のレベルは、すごく高いのです。

小学卒業くらいでピアノのレッスンをやめてしまう一般の生徒さんよりもすごいと思います。

継続は力になるのです。

ピアノを習うことで、ピアノのお仲間ができます。

分かち合う幸せを得ることができるのです。