犯罪被害者遺族と自死遺族について。結城美帆子

犯罪被害者遺族も自死遺族も深い悲しみは同じであろうが、犯罪被害者遺族は怒りを向ける相手がいるが、自死遺族には怒りを向ける相手さえいないのである。私は、殺人を犯した人を絶対に許しません。人が人を殺してはいけない。私は、人が人を殺す死刑制度も反対である。どんな理由であれ人が人を殺してはいけない。犯罪被害者遺族は、死刑を望むかも知れないが、それでも人が人を殺してはいけない、とどまるところが無くなってしまうから、人間は神では無いから。