母の介護をしていて思うこと。結城美帆子

母は、脳梗塞の再発で土曜日に緊急入院しました。昨日、母を見舞いに行った時に母の足を見て驚きました。入院して1日しかたっていないのに足のむくみがきれいに取れていたのです。歩いていないからむくんでいたわけではなかったと思いました。薬でしょう。退院してからの薬の調整ができていなかったように思うのです。坂根ドクターも三好ドクターも薬の調整ができなかったのではないでしょうか?でもなければたった1日であんなにもきれいにむくみが取れるということがあるのでしょうか?人間は必ず死にますが、逝かせ方って大事だと思うし、それができるのは医師なのではないでしょうか?でも、医療は人間の心を救うことはできない。なぜなら、退院後、自殺をする人もいるからです。音楽や精神分析は、生きる勇気と生きる力を与えることができます。