母の介護。結城美帆子

私は3年間障害者施設や老人ホームで勉強をさせていただきました。その時、お亡くなりになられた方も多数見ました。穏やかな死に顔の方もいれば、本当に苦しそうな死に顔の方もおりました。母には、穏やかにこの世を立ち去って欲しいと願って介護をしております。人間誰でも老いて行きます。老いとともに認知機能も衰えて行きます。精神分析的な観点から母を観ていて、これまでの母の人生を想像し、母の残りの人生を穏やかに送る事が出来るように同行できればと思って介護をしております。なるべく規則正しい生活をして、栄養のバランスを考えた食事を用意しております。プラス、毎日豆乳にアマ二油を混ぜて朝晩飲んでいただいております。毎朝、りんごやイチゴなどの果物もお出ししております。食事は毎回完食してくれますので嬉しく思っております。