感染症

私が30年前に仕事をしていた障害者施設で、疥癬症が蔓延したことがあり、入所者を毎日薬浴させて薬を塗布して、大変な時がありましたが、約半年間で終息しました。

感染症は、大変です。

最初は一人だと思うのですが、いっきに増えるのです。

インフルエンザ感染者が出た時も、一週間で4人部屋の全員が亡くなってしまいました。

空気感染を防ぐには、自分の免疫力を高めるしかないです。

人間は、戦いモードに入ると発熱するのです。

発熱している時は、戦っている時なのでさほど心配ではないのですが、戦い敗れた時は熱が下がり始め死を迎えます。

私は医療の仕事も経験しており、たくさんの看取りも経験しました。

人間が危険な状態になると、まずは発熱、次にCRPが上昇します。

コロナのオミクロン株は、空気感染があるようですから、陰圧室での治療をしないと、医師や看護師さんを感染から守ることは難しいでしょうね。

日本にどれくらい陰圧室があるのでしょうか?

空気感染を防止する為には、換気をするしかないです。

あとは、エアドックを信じるしかないです。

無症状の感染者もいるとのことなので、お互いに感染しているものとして接した方が良いかもしれませんね。

人間は必ず死にます。

いつ死ぬかは、「神のみぞ知る」と思っています。

神様が「あなたは、まだこの世界でのミッションが終わってません」という時は死なないでしょう。

歳のせいかもしれませんが、あまり生きることだけにこだわりはなく、もしコロナに感染して死ぬことになっても受け入れます。

コロナに感染したくないからと通常のレッスンをせず、オンラインレッスンを行うようなことはしたくない。

死を恐れず、精一杯できることをして死ぬのであれば本望です。

死を恐れて、やるべきことをやらずに死を迎えるとしたら後悔する。