想像力

経験値が上がれば想像力も豊かになるのかもしれません。

病院は人が死ぬところなので、亡くなった方々の想いを想像してしまいますので、心が苦しくなります。

だから、病院は行きたくない。

母体保護法医がいる婦人科のクリニックも、堕胎された子どもの想いを想像してしまいますので、心が苦しくなります。

だから、婦人科のドックは行けなくて困ってます。

戦争で亡くなった方々のお気持ちを想像すると、心が苦しくなります。

自由を奪われた動物園の動物の気持ちを想像すると、心が苦しくなります。

だから動物園は行けません。

本当に動物を愛している人は、獣医師になれない。

なぜなら、獣医師になる為には、たくさんの動物の命を奪わなければならないから。

万年准教授で定年退職を迎えた知り合いの獣医師がおりますが、教授になる為には論文を沢山書かなければならず、論文を書く為には沢山の動物の命を奪わなければならない、僕は動物の命を助けたいから獣医師になったのに、、、、、と言ってました。

子供を助けたくて小児科医を目指し医学部に入学して医師になった女医さんは、小児がんの子供を助けることができない、死に行く子供に頑張ってと言えなくて小児科医になれなかったと言ってました。

人間は、それぞれ価値観が違い考え方も違うけど、価値観があまりにも違う方とは距離を置いちゃいますね。

これも自分を守るための防衛反応なのかもしれません。

私は、けしてあなたの気持ちがわかるなんてことは言えませんが、あなたの心の痛みに想いを馳せることはできますと、申し上げることはできます。

なぜなら、私は障害がある子供を産み育てた経験がないから、大変でしょうなんて軽々しいことは言えませんが、お心に想いを馳せることはできます。

児童養護施設で暮らす子供たちに対しても、彼らの心を想像することはできるので、辛くなります。