全てに意味がある

障がいがあるお子様を育てている親御さんは、一般的なお子様を育てるより大変かと思いますが、意味があってあなたの元へ産まれてきたと思います。

あなたが優しい人だったから、あなたを選んで産まれてきたと思います。

昨日、3歳の子供へ熱湯をかけた事件がありましたが、いたたまれないですね。

ネグレクトで児童相談所に保護された子供たちは、親から虐待を受けているのに親のところへ帰りたいと言うそうです。

子供は、親を頼らなければ生きていけないということを本能のように知っているのでしょうね。

他のお子様と比べてしまうこともあると思いますが、みんな人間ですから仕方がないです。

ありのままを受け入れ、自分の生きる道を探し、自分が幸せに生きられるのが一番ではないでしょうか?

障がいがあっても自分の人生を幸せに生きている人たちがたくさんおります。

無理をせずできることを精一杯やりましょう。

ピアノを通して、ピアノのお仲間を作り、社会の中で楽しく生きて欲しいと願って日々ピアノの指導をしております。