介護日記「親を看病介護できる幸せ」結城美帆子

看病や介護は、大変と言うけれど、親を看病介護できることは幸せに思います。特に、母を娘が看病介護をするのは、お下のお世話をするにしても息子よりもお互いに気兼ねが少なくできるのではないでしょうか。最近は、男性の看護師さんが多くなりましたので、母が男性の看護師さんにお下のお世話をされている時や、裸にされて清拭をされている姿を見ると、「私は絶対に入院したくない」と強く思ってしまいます。何でもかんでも男女平等が良いわけではないと思います。女性が女性の首を絞めているように思う。私が介護の勉強をしていた時は、同性介助が原則と言われたのですが、時代の流れなのでしょうか?