介護日記「母を見ているのが辛い」結城美帆子

自分で動くことが出来ず、自由に喋れなくなってしまったから訴えることもできない母。今日病院に見舞いに行った時、顔から身体も汗だらけ、どんなに苦しかったことでしょう。私は母を生き地獄で苦しめているのだろうか?少しでも口から食べられればと願い回復病院に転院をお願いしましたが、母を苦しめることになるのではないかと不安でたまりません。