介護日記「母への思い」結城美帆子

今日の午後から、鼻の管から流動食が始まりました。これで少し栄養が摂れれば良いと思うのですが。本当に一日一日生きられていることに感謝です。「もうすぐ、栗ができるから、栗ご飯炊いて食べようね。」と、申しましたら「食べたい」と、言ってくれました。一日一日が祈りです。