介護日記「回復期病院が受け入れ拒否をしてきた理由がわかりました」結城美帆子

本日、無事に回復期病院に転院できました。昨日、転院に「待った」がかかった理由は、担当のソーシャルワーカーさんのお話だと、私が施設への入所も考えていると言った事がまずかったようです。施設への入所も考えていると言ったのは私の本心ではないという事をお伝えしました。気持ちを伝える難しさを実感致しました。担当の脳神経外科の先生ともお話をさせていただきました。回復期病院は、自宅に帰って生活ができるようにリハビリを行う事を目的としているようです。看護師は、「なんでも話してください」と言いますが、考えて話さないと大変な事になるという事を勉強しました。反省。