介護日記。結城美帆子

今日、母の主治医から「心肺蘇生処置を希望しない要望書」を渡されました。「保護者または代理意思決定者用」と書いてありますが、まずは、本人の意思を確認するのが先だと思うのですが、病院側は「母には、すでに判断能力が無い」と思っているという事なのでしょうが、母は、まだ話ができます。主治医に「もし、先生のお父様お母様が同じようになられた場合、どうしますか」とお尋ねしたのですが、患者の話に変えられてはぐらかされ、私の質問に対してのお答えはいただけませんでした。主治医の答えと同じ答えをするつもりでしたので、私も要望書を書くのは見送りました。