人間が生きていくということとは。結城美帆子

「人間の欲望は、他者の欲望である」ジャック・ラカン。他者の欲望でこの世に生み出された人間は、どのように自らが生きていけるようになるのか?産まれたばかりの人間は、誰かに世話をしてもらわないと生きていけない。一般的には母親だと思うが、産まれたばかりの人間(子供)は話すことが出来ないから、お腹が空いておっぱいが欲しい時やおむつが濡れて気持ち悪くておむつを取り替えて欲しい時など泣くことで自己主張をして自分の欲望を満たそうとするようである。子供がおっぱいが欲しいのに、母親がおっぱいを与えずおむつを替えたら、おっぱいが欲しいと泣いた子供は自分の欲望が満たされず欲求不満に陥ってしまうかもしれませんね。何度泣いても母親が気が付いてくれなかったら子供はハンガーストライキをするかもしれませんね。子供は、世話をしてくれる人との関係の中で色々なことを学び育ち自らが生きていけるようになっていくのでしょうね。