中学3年生が同級生を刺殺した事件

20年くらい前になりますが、私のピアノ教室の当時6年生の男の子の生徒さんが、授業中に、カッターで背中を切りつけられ20針くらい縫合するという痛ましい事件がありました。

この生徒さんは、正義感が強く学級委員長もしており、クラスで喧嘩が始まり、この生徒さんは仲裁に入ったところ、後ろからカッターで切りつけられたのです。

切り付けた男のお子さんは、発達障害だったらしく、切り付けられた子供のお母様は「障害がある子どもと同じ教室で授業を受けさせるのは嫌だ」とおっしゃっておりました。

特別支援クラスに通う子供に支援員がつくのは、このような事件を防ぐためではないでしょうか?

発達障害の診断を受けている子供には支援員がつきますが、発達障害やパーソナリティ障害の疑われる子供たちには支援員はつきません。

人権問題とか個人情報保護とかで、心理検査をできないようですが、小学校入学時とか中学校入学時などに、検査を実施しても良いのではないでしょうか?

親も子供自身も自分の特性を知ることは必要ではないでしょうか?

大きな事件を起こしてはじめて心理検査で自閉スペクトラム症と診断されても意味が無いと思います。

自分を知るということも必要です。

それが私は精神分析でした。

世の中には色々な人が暮らしてます。

自分を守り、被害者にも加害者にもならない為にはどうしたら良いのか?

まずは、社会のルールを守ること、そして相手との程良い距離を保ち地雷を踏まないようにすることです。

あまりどんな人かわからない相手とは、何が地雷かわからないから一対一にはならないようにすること。