「母の臨終の夢」結城美帆子

丸島先生と日野先生がいる。母の呼吸がなかなか止まらないようで、酸素マスクを外せないでいる。死なないと酸素マスクが外せないらしい。そしたら、母が「外してもいいよ」といったので、外したら苦しそうなのでまたマスクをつけた。夢でした。