「夢」結城美帆子

地下にいて大地震に遭遇した夢でした。地上に出られなくて不安、酸素は大丈夫だろうか?トイレはどうしよう?など考えているうちに、地上へ出られました。トイレを借りたくなり大きなお屋敷があったのでトイレを貸して下さいと家の中へ入れともらいました。そこへ、再び地震の前兆、どこかに避難しなければと入った場所が、楽器がたくさんある部屋で、後からお屋敷の住人で男の子が入ってきて、「ここは地下のシェルターだから安全だよ」と言った。地震がおさまり外へ出ると、お屋敷は崩れてペッシャンコになっていて、誰かのお葬式(キリスト教)をやっていた。、、、、、