精神分析的アプローチによるピアノのレッスン

ピアノが弾けることで自己肯定感を高め、社会で自立して生きていける人間(自分の力で稼いで生活ができる人間)を育てることを目的に、5歳から個人指導をしております。

発達障害は、早期に発見して、適切な脳のトレーニングを行えば、社会の中で自立して生きていくことが可能です。

発達障害者でも、動物学博士でコロラド州立大学教授になられたテンプル・グランディンやドナ・ウイリアム、ピアニストの野田あすかさん、ピアニストのグレン・グルド、お医者様になられた方など、様々な職業で社会で活躍されている人たちがたくさんおります。

脳科学者の澤口俊之先生の著書によると、ピアノはワーキングメモリーを伸ばすのに最適と有ります。

自閉症スペクトラムやADHD、LD(学習障害)、緘黙症など、発達障害のお子様の、脳のトレーニングとリトミックを取り入れたピアノの指導と読み書き計算の指導を行っております。

お家でできる発達障害の改善と予防の脳のトレーニングも教えます。

精神分析的な関わりの中で、コミュニケーション能力を高めながら、ワーキングメモリーを伸ばす脳のトレーニングを行い、ピアノが弾けるように導きます。

ピティナピアノステップ・レベルによりピティナピアノコンペティション・ブルグミュラーコンクール等に参加します。

保護者の方の懇親会や、発達障害についての勉強会も行っております。参加は自由です。

発達障害の診断を受けていなくても、疑いがある方も、相談とレッスンをお引き受け致します。

保護者の方の相談のみもお受けしております。

レッスン場所は、筑波メディカルセンター病院の近くです。個人宅でのレッスンですので、防犯の為、住所は体験にお越しになられる時にお伝え申し上げます。

🔴お知らせ

2020年4月から、発達障害者へのピアノ指導法勉強会を始めます。

月1回の予定です。

発達障害者へピアノを教えているピアノの先生、または発達障害者も受け入れたいとお考えのピアノ先生、一緒に指導法を勉強しませんか。

問い合わせは、問い合わせホームから簡単な自己紹介を添えてお願い致します。

皆様の参加をお待ち申し上げております。